読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるしてやんよ

断酒日記です。

【55、56日目】寝れば治る

◼︎55日目

スッと眠り、パチっと目覚める。

目覚めた瞬間から脳が覚醒していて、昨日はとてもいい感じで眠れていたんだな、と嬉しくなる。

そして、禁煙には予期せぬ効果があった。

わたしはお酒を飲みながらタバコも吸っていたので、普段からキッチンの換気扇の下辺りが定位置だった。

けれど、流石にお酒も飲まない・タバコも吸わないとなると、そこにいる必要もなくなってしまい、第二の部屋くらいにクッション置いたり小さいテーブル置いたり工夫してたのに、ものの数日でちょっとした廃墟である。キッチンは電気もつけず、ずっと部屋にいる。

そしたら、夜だけで最低2ℓは飲んでいた炭酸水やコーラなどの代用品を、ほとんど飲まなくなってしまったのだ。禁煙と断酒の化学変化やー!

場所に引きずられている部分もあったんだなぁと思う。

それに比べて、居間における飲み物の存在感の低さよ!

飲みきれなかったコーラが、もはやうんともすんとも言わない。飲み切りたいけれど、エアコン消しちゃって、寒くてもう手を伸ばせない。

これがお酒なら。

絶対に布団から這い出して飲みに行ったんだろうな。寒いことに気づいていたかも怪しい。

わたし、かわいそうだったな。寒々しい妄想に少し胸が痛む。よしよしよし。

わたしの中のお酒は成仏してしまったけれど、キッチンの廃墟には、小さなお酒の地縛霊が未だ住んでいる。座らなければ悪さはしないけれど、この際きちんと成仏してもらえるように、お花でも飾ろうかな。

いいな。キッチンにお花のある暮らしって素敵。モテる。採用!

◼︎56日目

昨日は健康診断からそのままずっとお出かけだったので、飲酒欲求も、喫煙欲求もほとんどなし。

(ただ睡眠欲だけが本当に抑えきれず、今日も電車で隣の方に寄りかかってしまっていた。困ったろうな、すみません)

みなとみらい〜桜木町を探索。 あのへんの横浜じゃなく横濱感がとても好きだ。地方出身のわたしが想像してた横浜は、横浜駅じゃないんや。みなとみらいなんや。※東北人でございます

出先で喫煙所を探さずに済むのはすごく楽チン!

そして、禁煙3日目にしてその喫煙所の匂いの強さに驚く。 これかー、禁煙した皆さんが口を揃えて言われる、タバコの匂いがとても臭い現象!

わたしもきっとすぐその域に到達するんだろうな。匂いに敏感だった子供の頃、この匂いが死ぬほど嫌いだったし。

禁煙初日、どうなることかと思うほどの喫煙欲求があったけど、3日を過ぎて万事順調。いざとなったら寝れば時間は過ぎてくれるし。

お酒ほどタバコに危機感を感じていなかったからこそ、喫煙欲求が強かったようにも思う。舐めてたんだな、わたしのバカタレ!

そして、記録として喫煙欲求や飲酒欲求はなるべく書き残していくつもりだけれど、その強弱に関わらず、絶対にやり遂げるという誓い。

そりゃあ、飲酒欲求も喫煙欲求も、それだけに焦点を当てれば、我慢するのは本当に辛い。 でも、幸せになる方向がこちら側にしかないのは明らかで、だからこそやろうと決めたのだ。

その一歩目の、一番怖かった日のわたしの覚悟を、今日のわたしがやすやすと崩してなるものかよ、という気持ち。

さて、寒くてなかなか布団から出られず、楽しかった昨日1日の幸福感に浸りながらポチポチしていたら、猛烈に二度寝がしたくなってしまった。

よし、観念して8時まで寝よう。 寝れば治る。スヤァ

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村